子宮内膜症の原因・骨盤矯正の大切さとは

no-img

女性の社会進出が目覚ましくなりました。仕事やプライベートにますます精力的に動きたいと思う女性が増えていく一方、女性特有の病気は非常に怖いものです。特に婦人科系の病気はなかなか気づかない方も多くらっしゃいます。今回は『子宮内膜症』についてご紹介させていただきます。

子宮内膜症とは・・・?

よく耳にする女性疾患として耳にする子宮内膜症。もともと子宮の内側にあるはずの子宮内膜が子宮以外の場所である卵巣や腹膜などで増殖しまう病気です。

通常、子宮の内側からはがれ落ちた子宮内膜は月経の際に身体の外に流れ出ていきます。これが月に1度の生理ですね。しかし、子宮以外の場所で増殖してしまった内膜は排出されることができません。そのため月経のたびに炎症を起こし痛みの原因となるのです。

この現象は閉経まで少しずつ進行していきます。

どんな症状が起こる・・・?

通常年々進行していくものですが、月経痛(生理痛)が痛みが強くなっていくのが特徴です。極度に痛みを感じると寝込んでしまったり、会社を休んでしまうという方も少なくないようです。人によって症状は様々ですが、レバー状のかたまりで経血が排出されたり、吐き気や嘔吐、下痢などを引き起こす可能性もあるようです。また排便痛といって肛門の奥に激しい痛みを感じることもあるようです。

ただし自覚症状がないという方も多くいらっしゃるようです。

子宮内膜症の原因とは・・・?

はっきりとした原因は実は解明されていません。ただし、現代の社会環境が関係している可能性が高いとのこと。近年は初経を迎える年齢が早くなっています。ホルモンが分泌される時期が早くなることに加え、女性の社会進出が目まぐるしい中、結婚や出産は高齢化しているため月経回数が増加しています。月経回数が増加することによって子宮内膜症が進行しやすくなったと考えられます。

また、食生活も原因の一つといわれています。ファストフードやインスタント食品が手軽に安価で手に入れることができるメリットがある反面、こういった食品には動物性の脂肪分が大量に含まれています。この成分が子宮内膜症の原因の一つとしてあげられるようです。

子宮内膜症は不妊の原因にもなる・・・?

実は子宮内膜症は不妊の原因ともなりえるのです。もちろん必ず不妊になるというわけではありません。ただし、子宮内膜症を早期で発見することによって不妊にならないような治療を行うこともできます。

治療法とは・・・?

基本的に症状が軽い場合は鎮痛剤を症状に合わせ服用します。ただし根本的な治療にはなりません。治療方法は症状や年齢、によって各々変わっていきます。例えば妊娠や出産を希望する方や何を優先するかによって治療法を選択する必要があります。手術を行うこともありますが、月経がある限りは再発、進行する可能性があるため術後も定期的な検診が必要となります。

骨盤矯正を行うことによって・・・

骨盤矯正を行うことによって子宮内膜症が完治するわけではありません。しかし、月経痛の症状を軽くすることはもちろん可能です。骨盤の歪みによって月経痛が悪化している可能性は大いにありえます。

骨盤が歪むと子宮が歪み、筋肉が緊張してしまいます。骨盤を正しい位置へ矯正することによって生理痛が軽減されるだけではなく、精神的にも日常生活を過ごしやすくなりますね。

妊娠・出産という役割を担う女性のお身体は、非常にデリケートです。
もちろん精神状態に大きく影響されてしまうことも多いので、痛みが軽減されるような習慣や歪みの矯正などをお勧め致します。