日本人にはO脚が非常に多い?放置しておくと大変なことに・・・

日本人は欧米人に比べるとO脚の方が非常に多いことを皆様ご存知でしょうか?なんと日本人の約8割がO脚といわれているんです。密接に関係しているのは生活習慣ですがそのまま放置している方も多いのが現状です。

O脚とは内反膝とも呼ばれ、両方の膝が外側に湾曲した状態のことを言い、くるぶしをそろえたとしても両膝の内側が接することがない状態です。

一般的に乳幼児の膝は元々O脚の状態です。それが2足で歩行できるようになると逆にX脚となります。生理的な変形とも呼ばれ、特に問題視する変形ではありません。小学校に入学するころにはまっすぐになる例が多いとのこと。

しかし、歩き方や座り方などの生活習慣によってO脚になっていきます。

日本人は海外の方と比べて内股で歩く方が多いです。日本人特有の歩き方ですね。もちろんガニ股で歩けとは言いません。一見、女性らしさが勝るので、女性がこの内股歩きの方が多いようです。

また、日本人はイスに座る習慣ではなく床に座るということが習慣としてございます。その時に女の子座りをしたり、あぐらをかいてしまうと骨格が歪んでしまうためO脚の原因となります。

O脚をそのままにしておくと・・・

ほとんどの方がO脚のをそのまま放置していますよね。日常的に気を使っている方でなければなかなか改善しずらく、そのままO脚のまま生活をしているのではないでしょうか。

ですがO脚をそのまま放置してしまうと、身体に悪影響を及ぼす危険性があります。

・くびれがなくなり、メリハリのないボディとなる

・下半身が太りやすくなる

・腰痛を引き起こしやすくなる

・足の血行が悪くなり、冷えや浮腫みの原因となる

等々、じわじわと身体に悪影響が及んでいくのです。ちなみに、O脚の場合立ったり座ったりする時に膝の内側に負担がかかってしまいます。関節の軟骨がすり減ってしまうと膝に痛みを感じることがございます。

その症状が進んでしまうと『変形性膝関節症』といって、慢性的に歩行や正座をすると膝に痛みを感じるようになり、変形が目立ってきます。将来的には歩行自体が困難になる可能性があります。こちらについては加齢も要因となるので年齢を重ねるとともに注意が必要なります。

日常生活に支障が出てしまう程、症状が進行する可能性があるのです。

骨格を正しく矯正してO脚ではなく美脚に・・・

骨格矯正の前に、膝に負担がかからぬように太りすぎに注意です。また運動不足もよくありません。下半身の筋力が低下してしまうと足を着地した際に衝撃をやわげることができず、どうしても身体に負荷がかかってしまう。

O脚自体放置しがちだが、身体に様々な影響が出ることをお分かりいただけましたでしょうか?ご自身で違和感を感じる部分がありましたら遠慮なくご相談ください。

当医院では長年の研究で生み出した「骨膜反応点調整」という独自技術で、痛みは全くなく、さらに体に触れる時も優しく触れてほんの少し揺らす程度です。今まで体験したことのないような技術となっております。

お悩みのO脚を放置せずに当医院にご相談ください。将来的に身体の歪みもなく健康的に過ごすことが非常に重要です。歪みはお身体に日々少しずつ悪影響を及ぼします。なるべく早くゆがみのないスッキリとした状態で過ごしていただきたいと考えております。